Takashi Tomii
biography

Takashi Tomii's interest in woodworking was invoked during his one year stay in Vernonia, Oregon where forestry was the key industry. After coming back to Japan in 1995, he started to carve kitchen tools such as butter knives, spatulas, and spoons out of twigs he gathered at nearby hills. Although he dedicated himself to surface science experiments throughout his student years, he was inclined to cook and collect kitchenware, ceramics, and wooden tools and furniture. Gradually he started to dream of living by making wooden tableware, and finally in 2002 when he was 25, left the graduate school and entered the "Shinrin Takumi Juku" where he learned solid wood furniture making for 2 years. He then worked for Oak Village in Gifu, which was incorporated in 1974 and has devoted themselves in creating wooden interior products, furniture, buildings, and planting trees through their affiliated NPO, for nearly 4 years.

In 2008, Tomii moved to Shigaraki, Shiga and started creating wooden tableware for daily use in his workshop in Minamiyamashiro, Kyoto. After 7 years, He and his family moved to Nagaoka, Niigata in 2015. All of his pieces are hand tooled or turned on a lathe into very simple and beautiful shape.

Tomii lives with his wife, Miyuki who helps his work,  two daughters and a son. They are enjoying their everyday lives surrounded by rich nature.

 











 



 

 

富井貴志
biography

1976年新潟県生まれ。

1994年から1年間アメリカオレゴン州の高校に通う。林業が主産業の小さな村だったが、そこで木に関心を持つ。帰国後、近所の山で枝を拾ってきてバターナイフなどを頻繁に作るようになる。このころから稲本正氏や藤門弘氏の著書をよく読むようになり、再生可能資源である木を使ったものづくり、および自然と自然素材に囲まれた暮らしに強く惹かれ、いつかものづくりを暮らしの糧にしたいと夢見る。一人暮らしを始めてからは料理好きから料理道具や器を集めてほくそ笑む日々。大学院に進学するものの結局学者には向かず。もうやりたいことをやるしかないと木工の道へ。

2002年に岐阜県高山市の森林たくみ塾へ。木工を学び、週末は北アルプスへ通う。

2004年  オークヴィレッジ株式会社に入社。様々なことを勉強させてもらう。

2008年  滋賀県甲賀市信楽町へ移住し、京都府相楽郡南山城村童仙房に工房を開設。この年、第6回暮らしの中の木の椅子展入選。

2009年  初個展。以後個展多数。

​第83回国展に初出品初入選。以後毎年入選。

2012年 第86回国展にて新人賞受賞。

2015年 自宅と工房を新潟県長岡市小国町に移す。

2017年 第91回国展にて国画会準会員に推挙。

​2019年 第93回国展にて準会員優作賞受賞。



一緒に暮らして気持ちのよいものがつくりたい。みんなの暮らしのまんなかにあるようなものをつくりたい。どんな素材をつかったものでもよいと思いますが、私にとってそれは木だったということです。さわり心地やほのかな香り、それに古い木のものをみるとどれもとてもよい顔をしています。

手に取ったときに自然とほほえみを誘うもの。まっさらな状態から使い込んで、「自分のもの」としてクタクタになったときにより惹きつけられるもの。そんなものづくりを志しています。富井貴志のつくるものと末永くお付き合いいただければ幸いです。





 

 

​Takashi TOMII    

© 2013- by Takashi Tomii & konotami. All rights reserved.